とりあえずブログでも

orbit03.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:GT ZASKAR29er( 4 )

024.第18回 山吹チャレンジMTBフェスタ

 コースがダブルトラックなので、マウンテンバイクで山を走る経験が乏しい自分でも走れるイベントです。ただし、けっこう登るので、涙が出ます。

 昨年まではフルサスMTBで、ラインどりはあまり考えなくても走れていたのですが、今年はラインを考えて走るようになりました。
 ラインどりに自信がなくて「超えられるか?」と思うときにも、ホイールが大きい29erだとなんとかなります。

 29erだからよいのかGTだからよいのか、そこは判断しかねるのですが、「扱いやすい」と思える自転車です。

e0242880_11242111.jpg


e0242880_11245514.jpg


e0242880_11261494.jpg


e0242880_11265164.jpg


e0242880_11272432.jpg


[PR]
by orbit0 | 2011-12-03 11:29 | GT ZASKAR29er

011.クロマグ LINX DT

 サドルを交換したザスカーで65kmほど走ってきました。

 サドルが個人個人で好みの異なるものだという前提で、「私の場合」こうでしたというインプレッションです。

1)デフォルトのサドルよりも表皮を押し込んだ時の柔らかさは上。よって座り心地はよいです。安物のサドルにありがちな「柔らかいけど、長時間乗りこむと結局固いところに当たるやん」ということも、この距離では起こりませんでした。
2)先端が太いことで、登りで前乗りになったときに意外とお尻にやさしい。よくあるサドルより1cmほど幅があるだけなのに、ずいぶん感じが異なります。
3)擦れるかな? きっちり後ろに乗ったときに、サドル先端部が内股に擦れないかなあ???と。しかしこれもこの程度の距離だと不明。

4)値段の割に使えるサドルというのが第一印象でした。

e0242880_1431821.jpg
[PR]
by orbit0 | 2011-10-09 01:44 | GT ZASKAR29er

008.サドル、変えました

 どうにもデフォルトのサドルが合わなくて困りましたので、とりあえずショップおすすめのものに交換してみました。
 クロマグのサドルです。

 真っ黒な自転車に、白が入ったから、グリップかどこかに挿し色で白を入れたくなりました。

e0242880_4285844.jpg


e0242880_4293449.jpg


[PR]
by orbit0 | 2011-10-02 04:30 | GT ZASKAR29er

002.自転車でアワイチ

 自転車でアワイチ(淡路島一周)してきました。ただし、2日に分けて...。

 同行してくれた人はマウンテンバイクにスリックタイヤを履かせて、私はブロックタイヤのままだけど29erのホイールの大きさを活かしてなんとか走りきろうと。

 1日目は天候曇りで走りやすい感じ。岩屋を出発しひたすら南下。しかしここ2年程は自転車にあまり乗れておらず、2つの大きな登りを過ぎたらすっかりヘロヘ~ロになりました。
 走ることは置いておいて、食べるほうはアワイチするサイクリスト御用達のコレ。

e0242880_720588.jpg



 もう宿の近くまで来てしまったのですが、チェックインまで外で時間をつぶすよりも、怪しくなってきた雲行きが気になって、13時にはお宿へ。到着したとたんに雨! ラッキー、降られずに済みました。
 こんな早くに走り終えて、あとはゴロゴロ。楽チンでした。



 2日目は、朝から大雨+風。雨には濡れても平気なのですが、風の具合が心配なので、同行者と「どうしましょうか~?」みたいな話をします。朝食時も窓に大粒の雨が当たる状態。
 結局、「できるだけ早く出発して行けるところまで行こう」ということになり、用意を済ませ宿を出ると...雨、止んでますやん♪

 しかも南よりの風なので、追い風になります。マウンテンバイクにしては結構なペースで走ります。1時間を超えたあたりから、とうとう雨。徐々に強まります。20分ほど雨の中を走って雨宿りできる場所で休憩。
 休憩したとたんに雨が止みました。「これ、走り出したらまた降るっちゅうパターンちゃうんかな?」と思いつつ出発。でもこれ以降雨に降られることはありませんでした。

 以外に早く岩屋に戻りました。屋根つきの駐車場に戻った途端にまた大雨。途中20分ほど降られただけで、出発時と到着時に降られなかったことで、気分的には「よかったなあ」でした。
(2日目は雨用パッキングをしたので、デジカメ写真はありません)


 (分かったこと)29erで舗装路の登りを走るときは、そこそこのケイデンスを維持できるなら、アウターギアで登ったほうがよいかなと。インナーに入れたら漕ぎが軽くなるかと思えばそうでもなく、速度が遅くなる感覚だけが強調されました。ホイールがでかくてタイヤが重いので、ギアを軽くしても漕ぎが軽くならないのです。
 走れる人には、きっと大きな味方になるでしょうね。
[PR]
by orbit0 | 2011-09-19 07:37 | GT ZASKAR29er